オススメ情報

カテゴリー

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

健康診断で血糖値が高いと指摘された方!血糖値を下げる方法を教えてます!

血糖値を下げるサプリメントには・・・







血糖値を下げるための方法は、インスリンを注射したり、食事や運動療法を行う事が有効だと言われていますが、それでもなかなか血糖値を下げることが出来ないのであれば、サプリメントを使ってはどうでしょうか?

健康や美容を維持するために、よく使われているサプリメントですが、最近では、血糖値を下げるためのサプリメントも売られています。

血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)を下げるサプリメントとして、最も一般的なのは、「ビール酵母」です。

まず、ビール酵母に含まれている必須アミノ酸やビタミンなどに、血液中に含まれる余分なナトリウムや糖分を体の外へと排出してくれる働きがあります。

インスリンがまだ開発されていない頃は、このビール酵母を使って血糖値(食後は急上昇しますが、次第に下がってくるというのが一般的です)を下げていた時代もあったようです。

ビール酵母の中には、食物繊維も豊富に含まれているため、血糖値をあげてしまう原因となる食事の食べ過ぎを防ぐことも可能になるでしょう。

ビール酵母以外で、血糖値を下げるのに有効なサプリメントは、「亜鉛」です。

亜鉛が不足していると、インシュリンが上手く分泌されなくなってしまうので、血糖値(食後には上昇します。

なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)をコントロールするためには、とても重要な役割を果たしているのです。

亜鉛は元々、体内に少量しか蓄積させることが出来ないので、サプリメントでこの亜鉛を補うことが必要でしょう。

上記以外でも、血糖値(血液の中のグルコース、ブドウ糖の濃度の値ですね)を正常な数値にしてくれると言われるアガリスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)などもありますが、あくまでもこれは薬ではなく、サプリメントです。

サプリメント(体質や体調、服用している薬との相性があるので、慎重に選ぶ必要があります)だけに頼るのではなくて、食事などを自分で管理しながら、上手く血糖値を下げていけるように工夫する必要があります










<PR>
インスリンにも種類がある? | 糖尿病と合併症の怖い関係
ひきこもりの時の勉強はどうする? | 【ひきこもり脱出】 ひきこもり・不登校の対策!



糖尿病と血糖値の関係性は?







人間は食事をすると、体内で食べ物が分解されて血液中を流れる糖分、つまり、血糖値が上がるんです。

血液の中を流れる糖分は、身体を動かしたり、脳を動かす栄養源として消費されるため、普通は食事後は一気に血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)が上がりますが、その後は徐々に消費されるので血糖値は下がっていきます。

この時、血液中の糖分(単糖、二糖、少糖など、色々な種類があります))を分解し、脳や身体の栄養源として供給させる働きを持つインスリンというホルモンにより、血糖は利用されて血糖値が下がっていくのが普通です。

しかし、糖尿病患者の場合、何らかの原因でインスリンが分泌されなかったり、インスリン(糖尿病の治療には欠かせません)の量が少なすぎたり、インスリンがうまく働けない、または、分泌されたインスリンでは分解しきれないほどの食事量によって、血糖が分解できず、栄養源として利用できない状況に陥っていますね。

このため、常に血糖値が高い状態が続くのです。

このように、糖尿病と血糖値には大きな関係性がありますから、糖尿病の検査では血糖値をはかり、その値によって判断されることになります。

特に、朝食前の空腹時の血糖値や、食後二時間以上過ぎた時の血糖値が高い場合には、糖尿病(血液中のブドウ糖の濃度が高すぎ、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準よりも高いことをいいます)が疑われることになります。

また、使われない血糖は尿として排出されるため、尿の中の糖分が増えて尿糖値が上がるので、尿検査で異常が発見される人が多いですね。

でも、尿検査の尿糖値だけでは確実な判断はが出来ませんので、血液検査にて血糖値をはかることになります










<PR>
糖尿病の検査方法では? | 糖尿病と合併症の怖い関係
中性脂肪を下げるには? | 塩分を控えて高血圧を改善!



高い血糖値を下げるための食事療法は?







高血圧の症状改善でも効果的である食事療法ですが、高血糖の症状改善でも食事療法(その病気によっても畭なりますが、低カロリー、低塩分、低脂肪が基本でしょう)は効果的な手段のひとつであると言われています。

それでは、高い血糖値を下げるための食事療法には、一体どういったものがありますよね。

まず、1日に必要なエネルギー量を計算して、過食や偏食を避ける事が大切です。

スナック菓子や甘いお菓子を食べ過ぎない事はもちろんですが、暑い季節には炭酸飲料やジュースの飲み過ぎにも注意してください。

水分は、お茶やミネラルウォーターで摂取するように心掛けましょう。

バランスの良い食事も大切です。

御飯や通常の食パンは甘くないからと、ついつい油断してしまいやすいですが、白米や白パンを食べた後は血糖値が急速に上昇すると言われています。

主食には、雑穀米や雑穀パンを上手に取り入れるようにしましょう。

野菜や果物に含まれている食物繊維は、血糖値(血液中のブドウ糖濃度のことをいいます)が急激に上がるのを予防してくれますので、たっぷりの野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。

マドンナなども実践しているんだとか)を摂るように心掛けます。

それに、肉より魚を多く摂取した方が、コレステロールの改善に繋がります。

もし、肉を食べるとなれね、脂身の少ない肉を選ぶようにして下さい。

油の多い揚げものなどの食事をすると、血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)が上がった状態が長く続きやすくなるはずです。

体重増加にも繋がりますので、油分の多い食事は極力避けるようにすると良いですよ。

毎日の食事は、低カロリー、低脂肪のメニュー(フランス料理では定食を意味することもあるのだか)を心掛けるようにし、血糖値を下げる努力をして下さいね