オススメ情報

カテゴリー

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

健康診断で血糖値が高いと指摘された方!血糖値を下げる方法を教えてます!

高い血糖値を下げるための食事療法は?







高血圧の症状改善でも効果的である食事療法ですが、高血糖の症状改善でも食事療法(その病気によっても畭なりますが、低カロリー、低塩分、低脂肪が基本でしょう)は効果的な手段のひとつであると言われています。

それでは、高い血糖値を下げるための食事療法には、一体どういったものがありますよね。

まず、1日に必要なエネルギー量を計算して、過食や偏食を避ける事が大切です。

スナック菓子や甘いお菓子を食べ過ぎない事はもちろんですが、暑い季節には炭酸飲料やジュースの飲み過ぎにも注意してください。

水分は、お茶やミネラルウォーターで摂取するように心掛けましょう。

バランスの良い食事も大切です。

御飯や通常の食パンは甘くないからと、ついつい油断してしまいやすいですが、白米や白パンを食べた後は血糖値が急速に上昇すると言われています。

主食には、雑穀米や雑穀パンを上手に取り入れるようにしましょう。

野菜や果物に含まれている食物繊維は、血糖値(血液中のブドウ糖濃度のことをいいます)が急激に上がるのを予防してくれますので、たっぷりの野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。

マドンナなども実践しているんだとか)を摂るように心掛けます。

それに、肉より魚を多く摂取した方が、コレステロールの改善に繋がります。

もし、肉を食べるとなれね、脂身の少ない肉を選ぶようにして下さい。

油の多い揚げものなどの食事をすると、血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)が上がった状態が長く続きやすくなるはずです。

体重増加にも繋がりますので、油分の多い食事は極力避けるようにすると良いですよ。

毎日の食事は、低カロリー、低脂肪のメニュー(フランス料理では定食を意味することもあるのだか)を心掛けるようにし、血糖値を下げる努力をして下さいね











低血糖がまずい理由って・・・







低血糖とは、血液中のブドウ糖の濃度が急激に下がることで、血糖値が60mg/dl以下になった状態のことです。

低血糖は糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビンA1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)を患っている人とは、切っても切れない関係にあります。

糖尿病の患者さんの場合、食事を抜いてしまったり、食事量が少なかった時や急激に激しい運動を行ってしまったり、いつもより多く運動してしまった際によく起こります。

他にも、インスリン注射の量を間違えてしまったり、いつもと違った注射の打ち方をした時などにも低血糖が起こると言われています。

低血糖にも軽度の物から重度の物までありますが、重度になると不整脈や心筋梗塞、さらには、昏睡状態に陥る危険性もあるものです。

糖尿病の患者さんによく見られる症状ではありますが、特に病気を患っていない健康な方にも低血糖の症状が見られるケースもあるかもしれません。

空腹時に、急に手足がぷるぷると震えだしたり、冷や汗や動悸を感じたことはありませんか?

それが、低血糖状態にある時の症状なのです。

思い返してみると、いつも食事をする時間に食事が出来ていなかったり、食事の量がいつもより少なかったりしていませんか?

健康な方であれば、すぐにチョコレートや飴を食べることで症状は治まるのですが、糖尿病の患者さんの場合は、気軽に症状を治めることが出来ないのです。

意識がある時は自分で砂糖を口に入れたりすることが可能なのですが、意識がない場合は周囲の方に協力してもらい、無理矢理にでも口の中に砂糖やブドウ糖(デキストロースと呼ねれることもあり、単糖になります)を入れなくてはいけません。

ですので、糖尿病患者さんの場合は、角砂糖やブドウ糖を常備している必要があります