オススメ情報

カテゴリー

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

健康診断で血糖値が高いと指摘された方!血糖値を下げる方法を教えてます!

血糖値を下げるための様々な治療法は?







血糖値を下げる治療法として、薬物療法と食事療法とがあります。

薬物療法とは、主にインスリン治療のことを言います。

インスリン(分泌量が低下すると、糖尿病になってしまうこともあるでしょう)は注射することにより、直接体の中に補給することが出来るので、血糖値を確実の下げることの出来る治療法として、糖尿病を患っている方の10人にひとりが行っている一般的な治療法です。

自分で注射を打たなくてはいけないので、多少不安が残るかと思います。

でも、医療技術も進歩していますから、痛みをそれほど感じることなく、簡単に注射が可能になります。

インスリンは様々な種類の物がありますし、症状によって注射する量や回数、タイミングなども変わってくるので、かかりつけのお医者さんに行って指導してもらう必要があります。

では、食事療法はどのように行っていけば、血糖値を下げることが出来るのでしょうか。

食事療法と聞くと、入院した時に食べるような、塩分や脂肪分を控えた味気のない食事を想像される方が多いと思いますが、血糖値(血液の中のグルコース、ブドウ糖の濃度の値ですね)を下げるための食事療法はそれとはまた違うのです。

一番は、栄養バランスの整った食事を摂取することです。

食品交換表を利用して、食材に含まれる栄養素やカロリーをチェックして、簡単に栄養計算をすることも必要になります。

食品交換表を使う事により、偏った栄養の摂取や食べ過ぎを予防することにも繋がるはずです。

バランスに気を使うだけでなく、食事をする時間にも気を使いましょう。

食事をする時間が不規則ですと、肥満(体重や体脂肪が多すぎることをいいます)の原因にもなり、さらには、不規則なためにインスリンを作り出すリズムも崩してしまうので、血糖値(血液の中のグルコース、ブドウ糖の濃度の値ですね)をコントロール(スポーツなどではひたすら練習することで身につくはずです)出来なくなってしまいます。

薬物療法と食事療法(食事の時間を決めて、規則正しくとることも大切です)を行い、上手に血糖値のコントロールを行ってください











血糖値と血圧の関係性は?







血糖値と血圧。

一件関係なさそうに感じられますが、どちらも高いと危険なものという印象の人が多いですね。

しかし、医療現場では、血糖値と血圧(収縮期血圧・最高血圧と拡張期血圧・最低血圧を測定することで、健康状態を検査します)は密接な関係があるとなっているのです。

一般的に、血糖値が高ければ、糖尿病(症状を自覚できないこともありますが、死に至る合併症を発症するリスクが高くなります)。

血圧が高ければ、動脈硬化や心筋梗塞などの危険が増すことになります。

それらは当然として、別々の病気ですから、血糖値と血圧が直接関係していると言うわけではありません。

血圧が高いからと言って、血糖値が上がったり、糖尿病(先進国ほどたくさんの患者がいるため、生活習慣が原因だといえるでしょう)になるという心配はないのです。

しかし、特に2型糖尿病の方は肥満傾向の方が多く、太っている方血圧が高い傾向があります。

脂肪によって、血管が圧迫されるからのだとか。

また、糖尿病の方は血糖値(血糖ということもあるでしょう)が多いため、常時血液がドロドロの状態なのです。

血液がドロドロだと当然流れにくくなりますから、血圧は上がりやすくなってしまうのです。

このように、血圧が高いことが血糖値をあげたり糖尿病の原因となることはないのですが、その逆はあるということになります。

ですから、糖尿病患者の場合、その二次症状として「高血圧」「脳梗塞」「心筋梗塞(発症する?日前にも強い痛みを感じることが多いといわれていますが、感じないこともあるそうです)」「動脈硬化」といった、即命に関わるような合併症を併発することがあり、それらは糖尿病に起因した血圧上昇が原因となっているのです。

つまり、糖尿病患者にとって、血糖値と血圧はとても重要な値であり、関係性の高い値であるということになります。

それに、血糖値を下げることで、血圧を下げることも可能になるのは言うまでもありません










<PR>
うつ病の種類には? | うつ病の治し方!うつ病を改善させるには?
食道逆流の原因を調べてみました! | 食道逆流の治し方!



血糖値を下げる効果がある漢方がある?






血糖値を下げるためにインシュリンを注射したり、食事・運動療法を行っていらっしゃるでしょうねが、血糖値を下げる方法の一つとして、漢方薬(主な原料は植物の根や葉、樹皮などです)を使う方法もありますね。

インシュリン注射(最近の主流は、万年筆型の注射器で、手軽に持ち運ぶことができます)のように、急激に血糖値を下げたりすることは出来ないのですが、緩やかでも血糖値(食後は急上昇しますが、次第に下がってくるというのが一般的です)を下げることの出来る漢方薬があるのです。

例えば、血糖値が上がってしまう病気である糖尿病の患者さんにも、漢方薬を使っての治療はおこなわれています。

血糖値が上がってしまうことによって起こる手足のしびれや冷え、疲労感などを改善するために使われていたり、糖尿病(先進国ほどたくさんの患者がいるため、生活習慣が原因だといえるでしょう)の合併症を予防するために使用されることが多いでしょう。

このように、直接的に血糖値を下げる効果がある訳ではないんですが、漢方薬を飲むことで血糖値(高すぎると糖尿病の恐れがあるでしょう)を少しずつ下げていったり、よりいい状態を保つことは出来ます。

よく使われる漢方薬として、白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)や清心蓮子飲(せいしんれんしいん)という漢方薬がありますが、これは血糖値が上がることによって起こる喉の渇きや手足のほてりなどに良いとされています。

糖尿病の初期症状として、トイレに行く回数が増えてしまったり、排尿障害を起こしたりすることがあります。

そんな時に処方されるのが、八味地黄丸(はちみじおうがん)や牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)です。

排尿障害の他にも、しびれなどに効果があると言われています。

しかし、全ての方に同じ漢方薬が処方されるわけではありません。

その人の生活習慣等により、処方される漢方薬が変わってくるので、一度漢方薬局(予約をとり、時間に余裕がある時に行くのがいいでしょう)に行って、自分に合った漢方薬を処方してもらっましょう










<PR>
交通事故の被害者で訴訟、裁判を起こす場合は? | 交通事故を起こしてしまったら?示談交渉テクニック!
いじめに対して親が出来ることは? | 【小学生・いじめ】子供がいじめられていると感じたら?